HOME > MAXISサイト > MAXISとは? > MAXIS JAPAN 設備・人材積極投資企業200上場投信のご紹介

MAXIS JAPAN 設備・人材積極投資企業200上場投信のご紹介

「MAXIS JAPAN 設備・人材積極投資企業200上場投信(愛称:前向き日本)」のご紹介

MAXISシリーズに新しい日本株インデックスに連動をめざすファンドが誕生しました!

当ファンドが連動を目指すインデックスは、安定的に高収益を上げている企業のうち、将来の成長に繋げるために積極的な投資(設備・人材)を行っている企業200銘柄から構成されている「iSTOXX MUTB Japan 積極投資企業200インデックス」です。
このインデックスは、投資や成長に対して積極的かつ前向きに取り組んでいる日本企業をアピールしたいという狙いで開発されました。

当インデックスは、積極的に設備・人材投資を行いながら安定的に収益を上げている企業に着目しています。
具体的には、積極的に設備・人材投資を行っている企業は1年後のROEが高い傾向があり、そこで得られた収益を積極的に設備・人材投資へ配分し、将来のさらなる成長へつなげていく好循環が期待できます。

(三菱UFJ信託銀行資料より)

積極的な設備・人材投資と収益性の好循環(イメージ)

×
 
×
 
×
 

インデックス構築プロセスについて

当インデックスのコンセプト(※)に基づき、イメージ図のように多くの銘柄の中から一定の条件で絞り込んでいます。

(※)コンセプト:安定的に高収益を上げている企業のうち、将来の成長に繋げるための投資(設備・人材)を積極的に行っている企業への投資

年2回(6月・12月)、インデックス構築プロセスに基づき銘柄の見直しがあります。

また、iSTOXX MUTB Japan 積極投資企業200インデックスは時価総額加重型のインデックスですが、特定の銘柄への集中を防ぐ観点から、一銘柄の組入比率の上限を2%としています(ただし、見直し後の時価総額の変動により2%を超えることがあります)。

収益性・設備投資・人材投資の3つの観点からスコアリングを行い、銘柄選定が行われます。

(1)収益性スコア

ROE、財務健全性、キャッシュフロー創出力、利益安定性を考慮します。

(2)設備投資スコア

設備投資の変化、超過設備投資、研究開発の変化を考慮します。

(3)人材投資スコア

給与や従業員数の変化、スキル・モチベーション向上、社員が働きやすい環境づくり、女性の活躍推進を考慮します。

iSTOXX MUTB Japan 積極投資企業200インデックスとTOPIXの比較

2008年度以降の年度別パフォーマンスで比べてみると、iSTOXX MUTB Japan 積極投資企業200インデックスはTOPIXを概ね上回っています。

年度別パフォーマンス比較

iSTOXX MUTB Japan 積極投資企業200インデックスは、収益性・設備投資・人材投資の3つの観点から銘柄選定が行われることから、TOPIXとの業種別比率に違いがあることがわかります。

業種別比率

  • 上記は過去の指数の実績・状況であり、ETFの過去の実績を示すものではありません。また、将来の運用状況を示唆・保証するものではありません。
  • 指数については「 当サイトで使用している指数について 新しいウィンドウで表示 」をご覧ください。
  • 計測期間が異なる場合は、結果も異なる点にご注意ください。

ページトップへ

三菱UFJ国際投信のNISA(ニーサ)特集eMAXIS インデックス早わかり東証マネ部東京証券取引所