HOME > MAXISサイト > スペシャルコンテンツ・ツール > 営業担当者が語るMAXISの魅力 > Vol.07「もう~い~くつね~ると、、、『10兆円!』」の巻

Vol.07「もう~い~くつね~ると、、、『10兆円!』」の巻

時が経つのは早いもので9月も終わり、今年も残すところあと3か月となった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。そんな中で、この10月はETFにとって、一つの区切りを迎えるかもしれません。ETF市場が10兆円を超えるかもしれないということです。

1.「10兆円」の市場

10兆円、10兆円、、、といって、ピンとくる人は少ないことでしょう。10兆円あれば、東京-大阪にリニアを敷くことができます。(建設費は9兆円といわれています。)10兆円あれば、スカイツリーを153個作ることができます。(事業費は650億円といわれています。)10兆円あれば・・・

こんなにマーケットが拡大しているからといっても、個人投資家の間でETFを買っている人は、周囲にいないよーという方が大半かもしれません。それは、前回のコラムでご紹介した通り、機関投資家による購入によって市場が大きくなっているからです。

2.是非、個人投資家の方々にも「ETFをもっと使ってほしい!パート2」

そう、ETFは機関投資家専用の商品ではないのに、個人投資家の利用が少ない。もっと個人投資家の方にも使って欲しいので、この2か月、名古屋、東京、北海道と多くの投資家の皆様にお会いするイベントに参加してきました。突然ですが、ここで、皆様からいただいた質問ベスト3を紹介します。

第3位 本当にETFは、指数に連動するように運用されているの?
→しています!(笑)
ちなみに、ETFの組入銘柄情報(どの株式を何銘柄保有しているのか、先物をどの程度保有しているのか等)を日々開示しています。
http://maxis.muam.jp/etf_trade/index.html
各商品の「銘柄情報」をクリックすると、エクセルファイルでご確認頂けます。

第2位 いつでも買えるの?
→株式の取引時間中であれば、いつでも売買が可能です。例えば、9時に買って、10時に売って、13時に買って・・というように、相場を見ながらも売買することができます。

第1位 そもそも、どこで買えるの?
→証券会社で、売買することが可能です。例えば、7203の証券コードでトヨタ自動車の株式を売買できるように、1346の証券コードでMAXIS日経225上場投信のETFを売買することができます。

引き続き、弊社ETF(MAXIS)をよろしくお願いします!

当資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。投資信託は株式、公社債等値動きのある証券に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、金融機関の預金とは異なり元本が保証されているものではありません。投資信託は、預金保険の対象とはなりません。金融商品取引業者以外でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

ページトップへ

三菱UFJ国際投信のNISA(ニーサ)特集eMAXIS インデックス早わかり東証マネ部東京証券取引所