HOME > MAXISサイト > スペシャルコンテンツ・ツール > 営業担当者が語るMAXISの魅力 > Vol.09「インデックスに郵政グループの株式が組み入れられて」の巻

Vol.09「インデックスに郵政グループの株式が組み入れられて」の巻

2015年末、日本株のインデックスファンドにとって、ちょっとしたイベントがありました。年末?といえば、そうですね!年末ジャンボ宝くじ・・ではありません。(1等はわずか27本しかないことにびっくりしました。)

1.郵政グループの株式は、いつインデックスに組み入れ?

2015年末の日本株市場では、郵政グループの新規株式公開が行われました。株式の売り出し額は、計1兆4,362億円となり、1987年のNTT以来の規模でした。では、この3社の株式は、いつインデックスの構成銘柄として採用されるのでしょうか。

上場日は、2015年11月4日だったので、即組入れられるわけではなく、指数によってもルールが異なります。TOPIXでは、上場月の翌月末に組み入れられることになっています。つまり、2015年12月末だったのです。

2.他の指数は??

それでは、指数として最も有名な日経平均の場合はいつになるのでしょうか?日経平均採用ルールをつぶさに見ていくと、「上場後5年間の流動性をチェックする」と記載されています。つまり、特例が認められない限り、少なくとも5年間は日経平均に採用されない見込みです。

同様に、JPX日経インデックス400も、3年間の経営成績をもとに組入銘柄を判断すると記載されていますので、原則として、郵政3社のJPX400採用は早くても2019年8月末となるわけです。

指数によって、採用ルールに違いがあるわけですね。

少しマニアックな小ネタを披露させて頂きました。今年もMAXISシリーズをよろしく御願いします。

当資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。投資信託は株式、公社債等値動きのある証券に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、金融機関の預金とは異なり元本が保証されているものではありません。投資信託は、預金保険の対象とはなりません。金融商品取引業者以外でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

ページトップへ

eMAXIS インデックス早わかり東証マネ部東京証券取引所